So-net無料ブログ作成

皆既月食時の赤色の不思議にゃ・・・ [猫]

なぜ皆既月食になると赤色になるのでしょう。
太陽の光は、直接、月に到達せず、地球の介して光が到達します(光の回折)
 建物で太陽の陽ざしはなくとも光は到達して、陽ざしのもとよりは暗いですが、明るいでしょう。
光の回折の際、波長の長い赤色だけが残り、青色などのは波長の短いものは大気に散乱します。
 日中は青空でも、朝焼け、夕焼けの原理と同じです。
すると、地球を介して、太陽の光は回折し、赤色だけが月に到達し、それが反射して人間の目で見ると、赤色の月になって見えます。

赤色の月の時は、太陽の光が直接当たる月と比較して明るさが落ちます。
撮影の際は、ISOを上がてシャッタ速度を遅めにしないと、撮影できないです。
復習は、7月28日(土)に皆既月食がありますので、また撮影に挑戦しましょう。
以上 にゃんこ大学地球物理学研究所所長 ミケ2世


皆既月食時の赤色の月

180131-215615.JPG


皆既月食後、ミッキー女王が、猫ちぐらを自発的にご利用になる。
巨大猫のため、猫ちぐらが小さく見えます~

180201-112549.JPG

ミッキー女王、ダース・ミケ卿を呼び出しましたが、逃げていきます(^_^;)

180131-183655.JPG

nice!(86)  コメント(69) 
共通テーマ:ペット