So-net無料ブログ作成

猫も考える防災・・・ [猫]

最高気温が36度、最低気温が29度の世界から、数日で最高気温が23度、最低気温が18度の世界になり、2ニャンズは寒がって、人のタオルケットや、猫ベッドの中の夏毛布の中に潜り込む日々です。
飼い主もTシャツ1枚から、通常の姿(?)に戻しました。半袖では寒い。
金曜日は体調を崩し、外出先から早めに帰宅しました。9月から仕事がさらに増えたので、土日も半分は仕事です。「貧乏暇なし」です。

9月1日は防災の日、地域にもよりますが、災害発生から、国、地方公共団体が本格的動き出すまでに1週間はかかります。なぜ1週間といえば、被害状況の把握が優先で、そのあと、援助活動が動きます。物資輸送もあるので・・・数日から1週間分の設備を自前で用意するのは難しいです。まして準備をした家で倒壊すれば、何もない状態になります。アウトドアになれた人などが近くにいないと、大変です。ボーイスカウトの経験者の人が家族にいると心強いです。いろいろな工夫が必要です。サバイバル生活ができればよいです。

うちは猫系は準備していますが飼い主の物はないです(^▽^;)
トイレはいざとなれば猫砂を利用。水は1週間、食事と卓上ボンベは、数日分です。
日常において、保存用と、短期物をうまく組み合わせると、1週間は何とかなります。あとは電池などなど・・・
飼い主、災害時にはブログの更新および巡回は致しません。ツィッターのみです。

ひまわり(花の美術館の前庭で8月20日撮影)
もう少し青空が出て入れもっときれいなのですが・・・

170820-121502.JPG

ジニア、長く咲いています(花の美術館の前庭で8月20日撮影)

170820-121551.JPG

暑い時にロックアイスを置いてみました。
においをかいだり、猫パンチをしたり様々ですが、飽きてしまうと、アイスが残されます(^▽^;)
においがないので興味がなくなります。

170825-185926.JPG


nice!(81)  コメント(58) 
共通テーマ:ペット